brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

【超簡単】iPhoneの動画を回転させて全画面表示にする方法

iPhoneで動画を回転させて全画面にする方法

こんにちは、ブラザーケントです。

iPhoneで撮影した動画を見たり編集したりしていると、

動画を回転させて向きを変えたい…!

なんて思うことはありませんか?

たとえばビデオ機能でiPhoneを横向きにして動画を撮影すると、あとで見たときには縦向きに対応するかたちで小さく表示されてしまいます。

大きくした状態で編集したい!とか全画面表示で大きく見たい!という方もいらっしゃると思います。

この記事では、そんな要望にお応えして次の内容について解説します。

この記事の内容

・iPhoneで撮影した動画を"iMovie"で回転させる方法

・回転しても全画面表示にならないときの原因と対処法

僕も子どもと遊んでいる様子を動画で撮影したり、それを編集したりすることがよくあるので、いろいろ試してみたなかでこの方法を見つけました。

あなたの動画編集やiPhoneライフのお役に立てればうれしいです。

iPhoneで撮影した動画を回転させる方法

カメラロールからiMovieを使って回転させる

iPhoneの動画を回転させたい場合は、”iMovie”というアプリを使って動画の向きを変える編集を行います。

iMovieは、Appleが作成したビデオ/動画編集アプリです。

iPhoneにあらかじめダウンロードされているか、されていなければApp Storeから無料でダウンロードすることができます。

iMovie
iMovie
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

ではさっそく、iMovieで動画を回転させていきましょう。

とは言っても、iMovieのアプリを開くわけではないんです。

まずは写真アプリ(カメラロール)から、回転させたい動画を選択して拡大します。

つぎに、画面右上にある「編集」を選択すると動画の編集画面に切り替わります。

f:id:brotherkent:20181201081143j:plain
編集画面の下部に、円のなかに小さな点が3つ並んだボタンが出てきますので、それを押してください。

f:id:brotherkent:20181201081209j:plain

すると、選択ボタンのなかにiMovieが出てきますので、これを選択すれば写真アプリ(カメラロール)のなかでiMovieの編集機能を使うことができるようになります。

f:id:brotherkent:20181201081241j:plain

iMovieの編集画面に切り替わったら、動画画面を指2本で抑え、そのまま鍵を回すように左右どちらかに回転させてください。

すると、画面が回転して全画面フルサイズになります。(*右回転、左回転どちらもできます)

f:id:brotherkent:20181201081323j:plain
あとは完了ボタンを押して、編集を終えるだけです。

f:id:brotherkent:20181201082030j:plain

横向きになって全画面になった!

とっても簡単なのでぜひ試してみてください。

iMovieを使うメリット

iPhoneで動画を回転させるときにiMovieを使うメリットは3つあります。

  • 無料で利用できる
  • iMovieを開く必要がない
  • 操作が簡単

まず、有料のアプリを購入する必要はありません。全て無料です。

つぎに、操作が感覚的でとても簡単です。

僕もはじめて気づいたときは一瞬でできてしまって、

「え、本当にもうおわり?」

と、あまりの簡単さに驚いてしまいました。

最後に、この方法ではiMovieアプリを開く必要がありません。

写真アプリ(カメラロール)からそのまま編集できるので、いちいち別のアプリを開いて動画を読み込む、という作業を省くことができます。

ほんとに簡単!

iMovieで動画を回転させるときの注意事項

iMovieで動画を回転させるときの注意事項を2つお伝えしておきます。

  • 動画は上書き保存される
  • 書き出しに多少の時間がかかる

ひとつめは、動画は上書き保存されるので、回転させる前の動画は保存されません。

回転させる前の動画も残しておきたい場合は、写真アプリ(カメラロール)で動画を選択して左下のボタンから動画を複製しておきましょう。

つぎに、書き出し(保存)に多少の時間がかかります。

Appleのアプリは動画編集などにとても強いので他のアプリと比べればかなり短い方ですが、それでも動画の再生時間が長ければ長いほど書き出しに時間がかかります。

再生時間の長い動画は、事前にトリミングする(切り出す)などしておきましょう。

回転して見るだけならiMovieは必要ない

ここまでは、動画編集作業として動画を回転させる場合のことをお伝えしてきました。

しかし、iPhoneで撮影した動画をフルサイズの大きな画面で見るだけであれば、iMovieで動画編集をする必要はありません。

iPhoneを撮影したときとおなじ横向きに傾けて動画を再生するだけです。

このときひとつだけ注意することは、画面の向きがロックされていない状態で傾けることです。

画面の向きがロックされているかどうかは、iPhoneのコントロールセンターで確認できます。 

見るだけならすぐだね!

ただし、この画面の向きをロックしていない状態だと、動画閲覧だけでなくSafariやChromeなどのブラウザや、LINEなどのSNSもアプリによっては傾いてしまいますので、必要に応じてロックは使い分けてください。 

回転しても全画面表示にならない原因と対処法

画面比率が違うと回転しても全画面表示にならない

ここまでにお伝えした内容で、基本的には動画をきれいに回転させることができるのですが、ときどき回転したとき全画面にならず左右が余ってしまうという問題が起こります。

f:id:brotherkent:20181201082125j:plain

この問題は画面比率(アスペクト比)の違いが原因になっていて、あなたのiPhone以外の端末で撮影した動画を回転させようとしたときに起こりやすくなります。

例えばですが、iPhoneの多くは画面比率が16:9ですが、iPadは4:3になっていて比率が異なります。

iPadで撮影した動画をiPhoneで編集しようとすると、4:3=12:9で16:9の画面サイズに合わず、中央に配置すると左右が(16-12)÷2=2ずつ余ってしまってうまく回転できない、ということが起こります。

f:id:brotherkent:20181201082145j:plain

実際にはiPadで撮影した動画はiPadのiMovieで回転させればいいのですが笑、iPhoneユーザーではない友人に送ってもらった動画や、古いビデオカメラで撮った昔の動画だったりすると、そうもいきませんよね。

全画面にしたいけど困った…

画面をクロップして回転すれば全画面表示に

基本的には画面の比率を変えることはできませんが、もし無理矢理にでも全画面表示にしたいのであれば、事前にiMovieで画面をクロップ(切り取り)して余りがないように画面比率を調整してから回転させれば、全画面表示にすることができます。

先ほどの「カメラロールからiMovieを使って回転させる」の前に1工程加わるようなイメージです。

さっそくご説明しますね。

この場合、先ほどのように写真アプリ(カメラロール)から編集することはできませんので、まずiMovieを開きましょう。

iMovieを開いたら「プロジェクトを作成」⇒「ムービー」と進んで、回転させたい動画を選択し、「ムービーを作成」で編集画面に進みましょう。 

f:id:brotherkent:20181201082223j:plainf:id:brotherkent:20181201082240j:plain

*この時点ですでに上部のプレビュー画面には左右の余白があります。これが画面比率の違いです。

編集画面の下側のネガ部分をクリックする(下画像①)と、ネガ部分が黄色くなると同時に画面上部のプレビュー画面に虫眼鏡のマークがでてきます。 

この虫眼鏡のマークをクリックする(下画像②)と「ピンチでビデオを拡大縮小」とあるので、画面を全画面になるように調整しましょう。

f:id:brotherkent:20181201082317j:plain

できたらそのまま完了して、カメラロールにビデオを保存すれば完成です。

これで画面比率の調整ができましたので、あとは先ほどの「カメラロールからiMovieを使って回転させる」の手順通り動画を回転させてください。

そこまで難しくはないはず!

この方法の欠点は、余りを埋めて全画面になったように見えるけれども、実際には上下を多少切り取っているということです。

画面を横にぐいっと引き伸ばすような編集機能は今のところ見つけられていません。
ご了承ください。

機能を使いこなして動画編集しよう!

f:id:brotherkent:20181130184902j:plain

いかがでしたか。

iPhoneで撮影した動画を回転させる方法と、画面比率のの問題で回転しても全画面表示にならないときの対処法をご紹介してきました。

あなたの要望にあった方法を取り入れて、動画編集を楽しんでくださいね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。