brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

Googleドキュメントの日本語入力ができなくなったときの対処法

f:id:brotherkent:20181130102824j:plain

こんにちは、ブラザーケントです。

先日、急にGoogleドキュメントで日本語入力ができなくなってしまいました。

そのいろいろ試してみると、できなくなった原因は文字カウント機能をショートカットキーで使ったことだとわかりました。

対処法をメモしておきたいと思います。

あなたのお役に立てたらうれしいです。

日本語入力できない(僕のケース)

僕はASUSのChromebookを利用しています。

Googleドキュメントでブログを書いているのですが、先日作業中、急に日本語入力ができなくなってしまいました。

ローマ字を打っても日本語に自動変換されない、という状況です。

f:id:brotherkent:20181130101948j:plain

画面右下のキーボードの設定はちゃんと「Google日本語入力」になっていたのですが、何度やっても変換されません。

f:id:brotherkent:20181130102415j:plain

急にできなくなってしまうと、とんでもなくストレスですよね。

困るしイライラしちゃう!

日本語入力できない原因

その後、いろいろ試してみると原因がわかりました。

Googleドキュメントの文字カウント機能をショートカットキーで利用すると日本語入力ができなくなります。

文字カウント機能は、Googleドキュメントに打った文字数を自動でカウントしてくれる機能です。

f:id:brotherkent:20181130101849j:plain

原稿や文字制限のある文章を書く時には欠かせないツールですよね。

この文字カウントをGoogleドキュメントで利用する方法は2つあります。

  1. ページ上部から「ツール」⇒「文字カウント」を選択する
  2. ショートカットキー「Ctrl+Shift+C」でカウントする

このうち、「1.ページ上部から「ツール」⇒「文字カウント」を選択する」では日本語入力できなくなる不具合は発生しません。

「2.ショートカットキー「Ctrl+Shift+C」でカウントする」のときだけ、きまって日本語入力ができなくなります。

ちょっと不思議ではありますが、一応これで原因が確定しました。

対処法

それでは、僕がいくつか試してみたなかで対処法を説明しておきます。

1.Googleドキュメントを終了して再度起動する

ひとつめは、Googleドキュメントを一度終了して、もういちど起動するという方法です。

確実ではありますが、面倒くさいと言われてしまえばそれまでです。

終了する際にはドキュメントの内容が保存されているかを確認しておきましょう。

2.ページ上部からもう一度文字カウントをする

ふたつめは、ページ上部からもう一度文字カウントをするという方法です。

Cromebookの場合はこの方法がいちばん簡単ではないかと思います。

日本語入力できなくなってしまったら、先ほど原因のところでご説明した「1.ページ上部から「ツール」⇒「文字カウント」を選択する」をやってみてください。

日本語入力できるようになります。

ただこれってつまり、Chromebookではショートカットキーで文字カウントしないほうがいいという結論になってしまいますね・・・。

3.ブラウザをクリックする(Mac&Windows向け)

さいごは、僕は動作確認していないのですが、Mac&Windows向けの対処法をブログで拝見しましたので補足で載せておきます。

こちらのページ様に記載されていますので、Mac&Windowsユーザーの方はご覧いただくといいと思います。

nogunori.hatenablog.com

Chromebookで文字カウントはメニューから

いかがでしたか。

問題は解決しましたが、文字カウントするならショートカットキーは使わずにメニューから選択した方がいいということになってしまいますね。

ショートカットキーはとても便利なので使えないのはとても残念ですが、状況に応じて使い分けていくようにしましょう。

あなたの問題も解決されたなら嬉しいです。

読んでいただきありがとうございました。