brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

自遊空間でVRを体験してきた! | 利用方法や感想をレビュー!

自遊空間でVR体験したレビュー

こんにちは、ブラザーケントです。

先日、VRにとても力を入れているインターネットカフェ「自遊空間」でVRを体験してきました!

利用方法、特徴、料金、感想などをレビューしたいと思います。

インターネットカフェのVRをまだ体験したことがない方の参考になればうれしいです。

自遊空間へ入店から着席まで

今回お伺いしたのは、僕の住まいからいちばん近くにある自遊空間の店舗です。

実ははじめて自遊空間を利用したのですが、入店してまず驚いたのはそのシステムです。

会員登録と座席の指定をすべてコンピュータで自分でおこなうことができます!

さらに、QRコードをかざして入店するゲートまでついています。

おまけに、これは帰りにわかったことですが、お会計もバーコードを読み取って自動精算機でできます。

店員さんが常時受付にいなくても入店退店ができるようになっているんですね。

なんかハイテク&効率的やで!

が、しかし!

インターネットカフェでVRを利用する際には、VR専用の座席が設けられていることが多いので、念のため会員登録だけ済ませたあと、店員さんが帰って来るのを待って訊いてみました。

僕:「あの、VRを使ってみたいんですけど…」

店員さん:「あ、それでしたら◯◯番と〇〇番がVR専用席となっておりますので、そちらを選んでください。」

なるほど、納得です。

先日の快活CLUBでのVR体験のときもそうでしたが、インターネットカフェの店員さんはとても丁寧ですね。

僕:「別料金とかかかるんでしょうか?」

店員さん:「席の利用料金は他の席と同じになります。」

ほんと親切です。別料金はかからないとのこと。

あ、でもたぶん有料コンテンツは別料金です。それはそうですよね。

さらに訊いてみると、どうやらこちらの店舗ではGearVRのみを体験できるようです。

ありがとう店員さん!

それでは、VR専用席を指定して入店します。

こちらの店舗のVR席は入店してまっすぐ進んだ先にある2席です。

どちらもブース外側のパーテーションにGearVRのポスターが大きく貼ってあり、

僕いまからVR体験しますよ!

というのがバレバレになっています笑。

GearVRの概要&操作方法

ブースの中には、こんな感じでGearVRゴーグルとヘッドホン、それにスマートフォンが置いてありました。

f:id:brotherkent:20181117073704j:plain

ん?スマートフォン?

そうです。

GearVRはサムスンの製品で、サムスンのスマートフォン"Galaxy"専用のVRゴーグルです。

iPhoneやほかのAndroidスマートフォンは装着することができません。

既に専用のアプリが起動した状態で置いてありますので、もしGalaxyスマートフォンをお持ちでも、置いてあるほうを使うのがいいでしょう。

装着する向きも決まっていて、どうやらはめ込む部分に接続端子がついているようですね。

接続するとこんな感じです。

f:id:brotherkent:20181117073732j:plain

PCに接続するところがないので、PCのマウスではなくゴーグル単体でVRの操作をすることになります。

操作方法の説明を見てみると、なんと驚き!

GearVRゴーグルを装着して、画面の選択ボタンに目でピントを合わせてじーっと見ると、そのボタンを押したことになる機能がついています!

また、ゴーグル右側にはタッチボタンと戻るボタンもついているので、これも組み合わせて操作していきます。

これはすごいですね。全然問題なさそう。

 

さっそくGearVRのゴーグルを装着してみました。

まず着け心地ですが、前回の快活CLUBでのFOVEと比べて、頭頂部のバンドがないので少しゴーグルが垂れる感じはします。

しかしPC接続がないので、ケーブルがないぶん頭を動かすストレスは少なく、頭部も重たくないです。

つぎに画面の見え方ですが、「え?これ本当にスマートフォンの画面?」と思ってしまうくらいきれいな映像が広がっています。

Galaxyスマートフォンの画面のクオリティの高さと、専用ゴーグルのなせる技でしょうか。

もし僕がGalaxyを持っていたら、VRゴーグルは問答無用でGearVRにすると思います。

それくらいきれいな映像です。

VRコンテンツを再生

では早速VR体験を始めましょう。

まず最初の画面では、「シネマチャンネル」「自遊空間VR」「VR THEATER」「VRカフェ」が選択できます。

簡単に概要説明しておきます。

「シネマチャンネル」…
"映画館にいるかのような臨場感"のなかで映画を見ることができます。もちろん映画はVRではなく普通の映画です。

「自遊空間VR」…
 Oculusのコンテンツ、オトナの3DVVR、プロレスのチャンネルがありました。この日はこれがメインの体験でした。

「VR THEATER」…
 VRコンテンツがたくさん揃っています。有料が多かった気がします。

「VRカフェ」…
 自分で登録して楽しむコンテンツです。登録の手間がかかりそうだったのでこの日はやめておきました。

というわけで自遊空間VRをさっそく体験です!

まずOculusのコンテンツをいくつか見てみました。

車に乗ってオフロードを駆け抜ける映像、サメに襲われる映像など、けっこう楽しかったです。

ただこのチャンネルだけちょっと動作が遅い感じがしたのが気になりました。

次にオトナの3DVRですが、これがすごい臨場感でした。

どうやら自遊空間のオリジナルコンテンツのようですが、映像がとても綺麗で、本当に女優さんが目の前でエッチなことをしているような近さでした。

ただしコンテンツの数は少なめで、快活CLUBのほうが多いです。

最後にプロレスです。

プロレスはあんまり見ないのですが、 リングの外から全体を見ているような感覚で、セコンドになたような気分が味わえました。

カメラがけっこう動くので、キョロキョロしないと試合の様子がわかりませんでした笑。

お会計&感想

ひと通りいろいろ見てみて、この日の体験は終了しました。

料金は1時間ほどいてだいたい1000円くらいでした。

あ、快活CLUBより安いです。

機器代がかからないのが違いになっていますね。

安価にVR体験するなら自遊空間がいいと思います。

今回なんといっても良かったのはGalaxyを使ったGearVRの画面のキレイさでした。

動作時間が少し気になることもありましたが、OculusGOなどの高品質な一体型ゴーグルは同じくらいキレイに見えるのかと思うと、スマホVRを利用している僕もいつかほしいなと思うようになりました。

 

いかがでしたか。

みなさんの体験や検討の参考になればうれしいです。

そしてみなさんもぜひいちど体験してみてくださいね。

前回、快活CLUBでVRを体験した様子は、こちらをご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。