brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

【太る方法】 | ②生活習慣を見直して健康的な身体をつくる

こんにちは、ブラザーケントです。

この記事では、僕が考える「太る方法」のその②として、生活習慣を見直して健康的な身体をつくる方法についてお伝えします。

一見ふつうのことのようですが、体重を増やすためにはとても重要な内容になっていますので、参考にしていただけたら嬉しいです。

(注:あくまで経験者の一例として参考にし、無理のない範囲で取り入れてください。)

この記事のPoint!

・太ると同時に健康になろう!

・運動、食事、睡眠で健康生活!

・できることからすこしずつ!

 

太るために必要な健康的な身体

太る方法②の位置づけ

僕の考えた太る方法シリーズは①〜③の3つがありますが、この記事でお伝えするのは「②生活習慣を見直して健康的な身体をつくる」という内容になります。

前回は「①胃下垂を治すことで太りやすい身体をつくる」をお届けしました。

そして次回は最後の「③筋トレと食事量で体重を増やす」をご紹介してきます。

僕自身がそうだったのですが、痩せ型で体重を増やしたいという人がまず取り組みたがるのは「③筋トレと食事量で体重を増やす」です。

しかし、いきなり方法③ばかり取り組んでも、太るのはむずかしいと僕は考えています。

太る方法でほんとうに大切なのは①と②です。

そして特に②は、効果がすぐに出るものではないですが、健康的に太るためにはとても重要な方法です。

*太る方法①については、こちらの記事をご覧ください。

ただ太ればいいのか

痩せ型で体重を増やしたいと悩んでいる人は、痩せ型の自分に解決したい問題を何かしら抱えていると思います。

運動や力仕事が苦手、体力がなくて疲れやすい、すぐお腹を壊してしまうなど、抱えている問題は人それぞれ違うかもしれませんが、太ることでそれらの問題を解決したいと考えているはずです。

では、仮に筋トレしてたくさん食事をして太ることができたとして、あなたの生活習慣のなかに不健康な要素が残っていたら、あなたの問題は絶対に解決するといえるでしょうか?

運動を全くせずに、体力をつけたり維持したり、できるでしょうか?

お酒や刺激の強いものばかり口にして、下痢はしないのでしょうか?

夜更かしばかりしていて、内臓のリズムは整うのでしょうか。

不健康な生活をしていて、健康になることができるでしょうか?

太ることでより健康になりたい

あなたの目的は、健康的に太ること、太ってより健康になることだと思います。

本当に太りたいなら、本当に健康になりたいなら、健康になる覚悟を決めましょう。

健康じゃないのに太ることなんてできない、と腹をくくりましょう。

「健康+太る」で、あなたの悩みに変化が訪れます。

 

健康的な身体づくりとは

それではさっそく、健康的な身体づくりに一緒に取り組んでいきましょう。

まず健康的な身体とは、どんな身体でしょうか。

人それぞれ細かな定義は異なると思いますが、僕は健康的な身体つくろうと考えたとき、

「健康的な生活を送った結果、健康的な身体が手に入る」

のではないかと考えました。

そして健康的な生活とは、よく言われる「よく食べ、よく寝て、よく動く」ことがまず基本だろうと思いました。

よく食べ、よく寝て、よく動くことを、否定する人なんていませんよね。

まずそれをしっかりやろうと思いました。

「よく」って具体的にどういうこと?と思われると思うので、ここからは具体的に「3種類の運動」「バランスの良い食事」「質の高い睡眠」と言い換えて進めていきましょう。

 

3種類の運動

f:id:brotherkent:20181115091650j:plain

運動と一口に言ってもいろいろなやりかたがありますが、僕は健康的な生活のためには基本中の基本だけでいいと思っているので、3種類に絞って取り組んでいきましょう。

具体的には次の3つになります。

・有酸素運動

有酸素運動は、長時間継続して行う運動のことで、心肺機能の向上に効果があります。

長時間の時間は20分以上がいいと一般的には言われていて、ウォーキングやジョギング、サイクリング、水泳、エアロビクスなどが該当します。

・筋力トレーニング

筋力トレーニングは 、文字通り筋トレのことですね。

前回「太る方法①胃下垂を治すことで太りやすい身体をつくる」では、長友選手の書籍をもとに体幹を鍛える体幹トレーニングをご紹介しました。

体幹トレーニングも筋トレの1つなので方法①を実践していただいて問題ないですが、方法③でしっかり筋肉をつけることができるように、腕立て伏せやスクワットなどのトレーニング、チューブトレーニングなどを加えていって、少しずつ全身を整えていきましょう。

・ストレッチ

ストレッチは怪我を予防したり、筋トレの効果を上げるために重要です。

しっかり行うようにしましょう。

筋トレの前に行うストレッチについては、同じく方法①の長友選手の書籍に丁寧に書かれています。

筋トレの後に行うストレッチについては、また別の記事にしたいと思います。

 

バランスの良い食事

f:id:brotherkent:20181115092054j:plain

バランスの良い食事は健康的な生活に欠かすことができません。

たんぱく質、脂質、炭水化物の3大栄養素に加えて、カルシウム、鉄分、ビタミン、食物繊維など、いろいろな栄養素を摂る必要があります。

また栄養は不足しても、摂りすぎてもいけません。

太ることが目的のたくさん食べる食事については「③筋トレと食事量で体重を増やす」でお話したいと思います。

ひとまずこの方法②では、適正な量きちんと食べられるようになることを目標にしましょう。

 

質の高い睡眠

f:id:brotherkent:20181115092542j:plain

最後は質の高い睡眠です。睡眠がしっかりしていないと、翌日疲れが残ったり胃が荒れたりしてしまい、うまく太ることができません。

筋トレの効果を高めて代謝を良くするためにも、いい睡眠を心がけましょう。

具体的には、次のことに気をつけてください。

・睡眠前に身体に刺激を与えない

 辛いものや炭酸などを口にしない

 就寝30分前からスマホやTVをなるべく見ない

・睡眠時間をしっかりとる

 6〜8時間眠ることを心がける

 23:00〜04:00の間は眠るようにする

・朝起きてゆっくり身体を起こす

 起きていきなり支度をしない

 

「そんなの無理」で片付けない

いかがでしたか。

今回は太る方法②として、生活習慣を見直して健康的な身体になる方法をお伝えしました。

ひょっとすると、社会人の方は仕事が忙しくて実践が難しいこともあるかもしれません。

しかし、

「そんなにたくさんは無理だ、できない」

「まだ若いし、そんなに頑張らなくても大丈夫だろう」

という考えでは、健康的に太ることはできません。

また放っておくと最悪、身体の不調につながりかねません。

別の記事などで簡単に実践する方法を詳しくご紹介していきたいと思います。

できることからで構いません、チャレンジしていってほしいと思います。

 

それでは、次回はいよいよ最後「太る方法③筋トレと食事量で体重を増やす」です。

方法①と方法②を継続して実践することができたあなたなら、いきなり方法③に取り組むよりも難易度は下がっているはずです。

最後の一歩を踏み出して体重を増やし、理想の健康的な自分を手に入れましょう。

それではまたお会いしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。