brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

【初心者向け】スタバの頼み方飲み方 | どんな飲み物かわからないが解決!

こんにちは、ブラザーケントです。

いまやコーヒーブランドの代名詞ともいえるスターバックスですが、種類や名前がいっぱいありすぎて頼み方・飲み方がよくわからない、何が入っているどういう飲みものなのかわからない…ということはありませんか?

大丈夫です、この記事で全て分類して説明していきます!

最後に全体の分類表を掲載していますのでぜひご覧ください。

そういう僕も最近知りました!

 

 

大きくわけて4種類

f:id:brotherkent:20181016124005j:plain

スターバックスのドリンクは大きく分けて4種類に分類されます。

まずおおざっぱで構わないので把握しておきましょう。

1.コーヒー

まず定番中の定番であるコーヒーは、コーヒー豆にお湯を注いでじっくり抽出したものです。

ホットコーヒー、アイスコーヒーなどとても一般的ですね。

私たちがよく飲む一般的なコーヒーをイメージして問題ないですが、この「お湯でじっくり」というのが、今後比較する上では重要になってきます。

2.エスプレッソ

エスプレッソは、1.コーヒーと比較しやすくいえば、コーヒー豆を機械や器具で一気に抽出したものです。

「機械や器具で一気に抽出」というのが特徴ですね。

一気に抽出するので圧力がかかり、より濃厚な味わいになる一方、抽出に時間がかかるカフェインはコーヒーと比べて少なめになります。

濃厚なぶん抽出した状態だと量が少なく、ここからいろいろなものを注いでいくことで味も名前も一気に広がっていきます。

3.フラペチーノ

スターバックスといえばフラペチーノと言っても過言ではないくらい、スターバックスを一躍有名にしたドリンクがフラペチーノです。

フラペチーノは簡潔にいえば氷とミルクの入ったシェイク状のドリンクになります。

いろいろなドリンクをフラペチーノにしていくので「〇〇〇〇フラペチーノ」と名前が長くなってわかりにくくなってしまいますが、これさえわかれば一気にわかりやすくなりますね。

4.ティー

1.2.3.以外のドリンクで1番種類が多いのがティーになります。

スターバックスで提供されているティードリンクには、紅茶・抹茶・ほうじ茶・ゆず茶などいろいろなものがあります。ミルクを入れればティー ラテになりますね。

 

4種類のうち「4.ティー」に関しては正直そのままなので、それ以外のドリンクをここから詳しく分類していきましょう。

画像オレンジ色が実際の商品名になります。

 

コーヒーの分類

f:id:brotherkent:20181016124455j:plain

スターバックスで一般的にコーヒーといえば、画像で一番上にあるドリップコーヒーになります。

通常コーヒーをカップに入れた状態で提供してくますが、コーヒーがカップとは別にひとつのプレス器に入った状態で提供してくれるものがあります。これがコーヒープレスです。

f:id:brotherkent:20181016132542j:plain

※画像はコーヒープレスのイメージです。

最後に、水出しで抽出したアイスコーヒーをコールドブリューと呼びます。

コーヒーは比較的わかりやすいですね。

 

エスプレッソの分類

f:id:brotherkent:20181016132034j:plain

エスプレッソは名前の呼び方に統一感がないのでわかりにくく感じますが、エスプレッソに何を注ぎ足しているかがわかればイメージしやすいと思います。

 

まずそのままの状態はエスプレッソです。外国映画のなかで小さなカップにいれて飲む姿をよくみかけますね。

f:id:brotherkent:20181016133123j:plain

※画像はエスプレッソのイメージです。

次に、エスプレッソにお湯を注ぐとカフェ アメリカーノになります。

僕はこのカフェ アメリカーノとホットコーヒーの違いが最近までわかりませんでした。

お湯で抽出したらホットコーヒー、抽出してお湯を注いだらカフェ アメリカーノなんですね。

最近ようやくわかりました。てへ。 

 

さらに、エスプレッソにミルクを注ぐとスターバックス ラテ、いわゆるカフェ ラテになります。

次の内容のために(泡は少なめ)と注記を入れています。とにかくミルクがメインなんですね。

 

このスターバックスラテにいろいろなものを足していくことでドリンクは多様になります。

まずチョコシロップとホイップクリームを足したものがカフェ モカ

ホワイトチョコシロップとホイップクリームを足したものがホワイト モカ

バニラシロップとキャラメルソースを足したものがキャラメル マキアートになります。

ただし、カフェ モカとホワイト モカはアイスで頼むとホイップクリームがなしになります。

 

そして、ミルクを注ぐといっても泡立ちがよく軽いタッチになるのがカプチーノ、ミルクの代わりに

豆乳を注いだものがソイ ラテになります。

 

たくさんありますが、画像で見ていただいたほうがわかりやすいかもしれません。

 

フラペチーノ

f:id:brotherkent:20181016132153j:plain

フラペチーノはもうその意味がわかっているので、エスプレッソほど複雑ではありません。

コーヒーが入っているものは〇〇フラペチーノと呼ばれて、コーヒー フラペチーノ、キャラメル フラペチーノ、ダークモカチップ フラペチーノなどになります。

コーヒーが入っていなければ真ん中にクリームがついて〇〇クリームフラペチーノと呼ばれて、抹茶クリーム フラペチーノ、バニラクリーム フラペチーノなどになります。

ただしひとつだけ例外があって、それがマンゴー パッション ティー フラペチーノです。これは名前にクリームがつかないけれどコーヒーは入っていません。マンゴー、パッションフルーツ、ハイビスカスティーをフラペチーノにしたものになります。

 

 おわりに:わかると頼みたくなる

いかがでしたか?

結局たくさんあってわかりにくいじゃないか!という方のために、最後に全部まとめた画像をつけておきます。

見にくいのでクリックしてご覧ください。

f:id:brotherkent:20181016134352j:plain

 

確かに一回みて全部わかるわけではないと思いますが、見慣れてだんだんわかってくると「カプチーノってどんな味するんだろう?」とか「フラペチーノ飲んでみようかな」と興味が湧いてきますよね。

自分の興味が沸いたドリンクをぜひ試してみてくださいね。

読んでいただきありがとうございました。