brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

胃下垂とは?症状・原因・改善方法を元痩せすぎ男性が解説します

胃下垂とは?症状・原因・改善方法を紹介

(更新:2019/01/27)

こんにちは、ブラザーケントです。

ガリガリの痩せすぎ体型で悩んでいる人は、よく周りの人から「ああ、もしかすると胃下垂かもね」 と言われることがあるかもしれません。しかし、

胃下垂なんてきいたことがないし、よくわからない・・・

という方は多いのではないでしょうか。

この記事ではそんな悩みにお応えして、胃下垂の症状・原因・改善方法を解説していきます。

また最後に、胃下垂改善だけではない太る方法について簡単にご紹介しますので、興味があれば覗いてみてください。

記事を書いている僕は2018年1月時点で身長173cm体重50kgしかないガリガリ痩せすぎ体型でしたが、自分なりに調べて工夫して食事やトレーニングを続けた結果、1年後には64kgまで体重を増やすことができました。

自分の経験をもとに、なるべくわかりやすくお伝えしていけたらと思っています。

胃下垂の症状

胃下垂の症状

まず胃下垂とは「胃が正常な位置より垂れ下がっている状態」のことをいいます。

"状態"と書いたとおり、胃下垂それ自体は病気ではありません。しかし、胃下垂の程度が強いと次のような症状がでます。

<症状>
一般に自覚症状はないことが多いのですが、胃部膨満感や上部腹痛、少量の食事で満腹感を感じる、食後の胃のもたれやむかつきを感じることがあります。www.onaka-kenko.com

僕もガリガリ痩せすぎ体型だった頃は、

  • 食べてもすぐお腹いっぱいになる
  • 食後に下痢しやすく消化がよくない
  • 食後はお腹がムカムカして汗をかく

という症状がいつもありました。病院などで診断されたことはないのですが、おそらく胃下垂の状態だったのだろうと思います。

トイレが多くて大変でした…

胃下垂の原因

筋力不足⇒胃下垂⇒少食⇒痩せ型

胃下垂の原因は、胃を支える筋肉や脂肪が少ないことです。

おなかの壁の脂肪不足や腹部圧力が低下している痩せ型の人におこります。
www.onaka-kenko.com

つまり、痩せ型それ自体が胃下垂の原因になっているかもしれないですね。

これは僕の考えですが、ガリガリ痩せすぎ体型の人は、

 胃を支える筋肉や脂肪が少ない
⇒胃腸が垂れ下がり胃下垂になる
⇒少食で消化もよくない
⇒筋肉や脂肪がつきにくい
⇒ガリガリ痩せすぎ体型のまま

という悪循環が出来上がってしまい、ガリガリ痩せすぎ体型からなかなか抜け出せないのではないかと思います。

そこで僕は、ガリガリ痩せすぎ体型を脱出して体重を増やすには、 胃下垂を改善してこの悪循環を断ち切らなければいけないと考えました。

胃下垂の改善方法

筋力UP⇒胃下垂改善⇒食事量UP⇒体重増

胃下垂の原因は胃腸を支える筋肉が少ないことですから、改善するには胃腸を支える筋肉をつけていくしかありません。胃腸を支える筋肉は、体幹トレーニングで鍛えていきましょう。

体幹トレーニングをして胃腸周りの筋肉を鍛えていけば、胃腸がみぞおちあたりの正しい位置に戻って、胃下垂の症状も改善します。

胃下垂を改善すれば先ほど書いた悪循環を断ち切って、

 胃を支える筋肉や脂肪がつく
⇒胃腸が正しい位置に戻る
⇒胃下垂が改善する
⇒食事量が増えて消化も良くなる
⇒筋肉や脂肪がつきやすくなる
⇒体重が増える

という良い循環に切り替えることができます。

僕自身、トレーニングをはじめて3~4ヶ月くらいで胃下垂はだいぶよくなったなという実感が湧きました。僕の場合、じめのうちは試行錯誤しながらメニューを考えていったので少し時間がかかりましたが、うまくいけば2~3ヶ月程度で効果が出てくるかもしれません。

ぜひ試してみてほしいと思います。

胃下垂を改善するために鍛えたい筋肉については、こちらの記事をご覧ください。

僕が取り入れた胃下垂を改善する体幹トレーニングについては、こちらの記事をご覧ください。

*胃下垂のほかにも腸下垂などがあり、内臓が本来あるべき位置より垂れ下がっていることを"内臓下垂"といいます。僕は胃下垂も腸下垂も含めた内臓下垂全般を改善しようと取り組んできたので、このブログで紹介する改善方法は内臓下垂全般に効果があると思っています。

体重を増やして太る方法

いかがでしたか?

胃下垂の症状・原因・改善方法を解説してきました。

僕自身の経験をもとにした情報になっていますので、参考にしていただければ嬉しいです。

ちなみに僕は胃下垂改善以外にも、自分なりに食事やトレーニングの工夫を続けて体重を増やすことができました。

逆にいえば、体重を増やすためには胃下垂を改善するだけでは不十分だと思っています。

胃下垂の改善も含めて、太るためにはつぎの3つが必要不可欠です。

  1. 胃下垂を改善して太りやすい身体をつくる
  2. 生活習慣を見直して健康的な身体をつくる
  3. 食事量と筋トレで体重を増やす

もし体重を増やせたらいいなと思っている方は、こちらの記事も読んでみてください。

きっと役に立つ情報になっていると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

更新履歴
2019/01/27:趣旨はそのままに構成などを大幅に修正しました。