brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

痩せすぎは病気ではないが病気につながる-一因になりえる病気とは-

こんにちは、
ブラザーケントです。

痩せている人の数は
太っている人に対して
少ないのはよく
わかりました。 けど、
メタボになる心配がない
から安心といえば安心ですね。

確かメタボの危険性は
ないかもしれない。
けど、だからって
安心とは限らないよ。

今日は、痩せすぎに潜む危険性、についてのお話です。

 

前回の記事はこちらを御覧ください。

www.brotherkent.com

 

f:id:brotherkent:20180902072051j:plain

 

痩せすぎ自体は病気ではない

痩せすぎは病気なのか

痩せすぎと健康の関係を考えるときに、まず気になるのは病気のことです。

はたして痩せすぎは病気なのでしょうか。

 

僕はもう20年近く痩せ型、痩せすぎ体型でしたが、自分が病気だと言われたことはありません。

痩せすぎはあくまで状態ですから、それ自体が病気だということはありませんね。

それは、太っていることでよく言われるメタボ(メタボリックシンドローム)と比べてみればよくわかると思います。

 

メタボもそれ自体病気ではない

f:id:brotherkent:20180820105859j:plain

メタボリックシンドロームについて調べてみると、

メタボリックシンドロームは、内臓肥満(臍の高さで腹囲が男性85cm以上、女性90cm以上)に高血圧、脂質異常、高血糖などが合わさった状態のことをいい…

dmic.ncgm.go.jp

 とあります。

メタボリックシンドロームは状態のことで、それ自体が病気なわけではないのですね。

 

病気の一因にはなりうる

しかし、メタボの状態は様々な病気につなが可能性があります。

メタボリックシンドロームの方は、そうでない方と比べて、2型糖尿病になるリスクが3~6倍、心血管疾患とそれによる死亡のリスクは1.5~2倍になると言われます。
また、非アルコール性脂肪肝、高尿酸血症、腎臓病、睡眠時無呼吸症候群といった病気にもつながります。 

dmic.ncgm.go.jp

なので、痩せすぎの場合も、痩せていることによりさまざまな病気につながる可能性がある、ということを考えておく必要があると思います。 

 

痩せすぎでなり得る病気

f:id:brotherkent:20180820110135j:plain

それでは、痩せすぎの状態が一因でなりうる病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

様々なサイトやブログに、痩せすぎが招く病気に関する記事をみかけますが、正直エビデンスがはっきりしないものが多くありました。

ここでは、医師が執筆しているのがはっきりわかる記事を紹介しておくに留めておきたいと思います。

根拠がはっきりしない情報には気をつける必要がありますね。

medical.itp.ne.jp

記事を拝見すると、がん、うつ病、十二指腸潰瘍、バセドウ病など、様々な病気の原因になりえることがわかりますね。

ただ、これだけではその根拠やつながりははっきりわかりません。

あくまで「そう言われている」という認識を持つ程度にしておきましょう。

1つ1つの病気については、また根拠や繋がりがわかったら記事にしていきたいと思います。

 

痩せすぎが一因と気づかないことも

f:id:brotherkent:20180817122028j:plain

痩せすぎの状態が様々な病気の一因になりうることがわかりました。

しかし、1つ1つの病気に痩せすぎの状態が関わっていることはなかなかイメージしづらいと思います。

例えば十二指腸潰瘍はピロリ菌が原因だと書かれていますし、うつ病であれば脳の神経伝達機能の異常が原因だとよく言われています。

これらのどこにも痩せ型、痩せすぎが一因であるとは書かれていません。

十二指腸潰瘍やうつ病になるとそれぞれ適切な治療が行われると思いますが、

「そもそも痩せ型、痩せすぎ体型が一因になっているかもしれない…」

と考えてみることはとても大切だと思います。

健康であればそれに越したことはないですが、もしなにかの病気にかかってしまったときは、自分自身あるいは周囲の家族や友人が気づいて、一緒に痩せ型、痩せすぎ体型を改善していくことで再発防止や予防に繋がるかもしれません。

 

なるほど、痩せ型も
メタボと同じで注意して
いく必要がありますね。

読んでいただきありがとうございました。

 

よければ次の記事も合わせてご覧ください。

www.brotherkent.com