brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

痩せすぎの基準BMIと人数割合について元ガリガリ男性が解説します

痩せすぎの基準BMIと人数割合

こんにちは、ブラザーケントです。

痩せすぎ体型で悩んでいる方がまず思い浮かぶ疑問は、

  • 自分は本当に痩せているのかどうか
  • 自分は普通の人と比べてどの程度痩せているのか

ではないでしょうか。そこでこの記事では、痩せすぎの基準となるBMIという指標について紹介していきます。

この記事を読めば、あなたが痩せすぎかどうか、どの程度痩せているのかがわかります。

いちばん最後に痩せ型の人はどの程度の割合でいるのかについてもまとめましたので、参考にしていただければ嬉しいです。

この記事を書いている僕は、2018年1月時点で身長173cm体重50kgしかないガリガリ痩せすぎ体型でしたが、自分なりに調べて工夫して食事やトレーニングを続けた結果、1年後には64kgにまで体重を増やすことができました。

あなたの悩みが少しでも解決する手助けになればうれしいです。

痩せすぎの基準BMI

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、BMIとはボディマス指数(BodyMassIndex)の略で、人の肥満度がどの程度かを判断する指数のことです。 

身長と体重から計算することができ、計算式はつぎのとおりです。

  • BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

計算するのちょっと面倒くさいな…

という方は、自動計算してくれる便利なHPがあるので、サクッと計算してしまいましょう。

BMIでみる痩せすぎ

BMIが計算できたら、さっそく痩せ型の程度をみていきましょう。

ここでは、日本肥満学会が出している基準と世界保健機関(WHO)が出している基準の2つをご紹介します。

日本肥満学会の肥満基準
状態 指標
低体重(痩せ型) 〜18.5未満
普通体重 18.5〜25未満
肥満(1度) 25〜30未満
肥満(2度) 30〜35未満
肥満(3度) 35〜40未満
肥満(4度) 40〜

データ引用元:https://www.healthcare.omron.co.jp

WHOの肥満基準
状態 指標
痩せすぎ 〜16未満
痩せ 16〜17未満
痩せぎみ 17〜18.5未満
普通体重 18.5〜25未満
前肥満 25〜30未満
肥満(1度) 30〜35未満
肥満(2度) 35〜40未満
肥満(3度) 40〜

データ引用元:https://www.healthcare.omron.co.jp

2つの基準をみる限り、BMIが18.5未満の人は痩せ型の低体重という分類になり、さらにその程度によって

  • 痩せすぎ 16未満
  • 痩せ   16~17
  • 痩せぎみ 17~18.5

の3つに分けられるということがわかります。

ちなみに、痩せすぎだった頃の僕(50kg)はBMI16.7で、いまの僕(64kg)はBMI21.5でした。

あなたの結果はいかがでしたか?

痩せすぎ男性の統計

僕もそうでしたが、痩せすぎの悩みはなかなか共有しにくい、打ち明けられないものですよね。

その理由は、痩せている人はあんまりいない、という感覚ではないでしょうか。

事実、調査によれば痩せ型の人(痩せぎみ・痩せ・痩せすぎの合計)はの割合はの日本の男性人口の7.5%しかいません。

日本の成人男性BMIの分布
状態(WHO基準を元に状態を設定) BMI
痩せすぎ 〜16未満 0.5%
痩せ 16〜17未満 0.8%
痩せぎみ 17〜19未満 6.2%
普通体重 19〜25未満 60%
前肥満 25〜30未満 26%
肥満(1度) 30〜35未満 3.9%
肥満(2度)+(3度) 35〜40未満 0.5%

データ引用元:

厚生労働省 国民健康・栄養調査 (平成28年)

データセット 表番号14

肥満の人が30%程度いるのと比べると大きく違います。

やっぱり痩せている人は少数派なんだ…

また、痩せている人が特に多いのは10代(15~19歳)です。

年齢別痩せ型(BMI<18.5)の割合
年齢 割合
15-19歳 24.0%
20代 8.2%
30代 5.2%
40代 3.7%
50代 3.1%
60代 3.2%
70代以上 5.1%

データ引用元:統計ラボ 男性の体重とBMI

きちんとした理由はわかりませんが、いずれにしても20代30代以降で痩せ型の人はほとんどいないのは間違いないということがわかります。

痩せすぎ体型から太るには?

あなたは、痩せすぎの体型を変えたいと思っていますか?

なにかしら痩せすぎの体型に悩みがあって、普通体重になるまで体重を増やしたいと思っていますか?

もうしそうであれば、ぜひこのブログの記事を読み進めていってください。

胃下垂、食事、筋トレなど、僕が体重を14kg増やしたなかで大切だと思ったこと、オススメしたいことを記事にして詰め込んでいきます。

1つでもあなたのお役に立てる情報になればうれしいです。

ブログのトップページにあるカテゴリーから、気になる記事を読んでみてくださいね。

トップページ:brotherkent.com

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

更新履歴:

2019/02/21 趣旨はそのままに文章構成を見直しました。