brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

Amazonしまじろうを子どもに見せたくなる理由

Hey, ブラザー!
こんにちは、
ブラザーケントです。

きょうはAmazonプライムビデオで配信中の、 「あつまれ!アマゾンキッズ しまじろうとあそぼう!」のご紹介です。

え!!しまじろうって…あの、いま子どもたちに大人気の!?
僕のライバルじゃあないですか!

いつから、子どもたちに大人気になったの…?

 

目次

 

1.子ども目線に寄り添った番組 

f:id:brotherkent:20180806104509j:plain

「あつまれ!アマゾンキッズ しまじろうとあそぼう」は、Amazonプライムビデオで配信されているオリジナルコンテンツです。

2018年6月から毎週金曜日に新作が配信されていて、全12話まで配信予定です。

僕も子どもといっしょに何話か見ていてとても楽しいのですが、他のアニメやテレビを見るよりよっぽどこの番組を見せたいなと思っている自分にふと気づきました。

この番組がとても特徴的なのは、子どもが生活する目線にピッタリ寄り添った番組作りがされているというところだと思います。

理由を3つご紹介しますね。 

 

2.刺激が少なく現実感がある

まず、このアニメは色も動きもとても滑らかで、効果音やBGMなどの音響もうるさくありません。

つまり、刺激が少なくて疲れにくい番組になっています。

これは、こどもちゃれんじのどの番組にもあてはまることかもしれません。

 

そして、番組の内容も刺激的なものではなく、現実の中で物語が進んでいきます。

もちろん、しまじろうや友達は動物をもとにしたキャラクターです。

しかし、していることはご飯を食べたり散歩をしたり、とても現実的です。

暮らしているのはほとんど人間生活そのままのように見えます。

 

人によっては、面白みがないと感じる人もいるかもしれません。

確かにこのアニメには格闘のような戦いも、不思議なファンタジーも、目がチカチカするスピード感もありません。

ですがこの番組を見ると、他のアニメやテレビは刺激が強いことに気づくと思います。 

そして、この番組が人間が過ごす現実に近いことがわかります。

子どもを持つ親からすれば、安心できる番組だと思います。

 

3.日常生活圏でみつける楽しさ

f:id:brotherkent:20180806104532j:plain

番組ではどんな内容が展開されるかというと、たとえば

  • お父さんと一緒にダンボールで秘密基地をつくります
  • けんかしてしまった友だちと仲直りします
  • 手づくりのヒーローグッズをつくります

という内容があります。

 

そうです、非日常がないどころか、生活圏内でお話が進みます。

物語が進む場所は家と公園、それに幼稚園や保育園があれば十分です。

旅行にも行かなければ、新しい友だちとの出会いもありません。

子どもたちが過ごす時間のほとんどを占める日常の中に、どんな楽しさや発見があるのかを教えてくれます。

これが、この番組の最大の特徴だと思います。

 

4.日常でも楽しいことはできる

f:id:brotherkent:20180806104924j:plain

我が家でも昨日、息子はしまじろうを見てすぐに「パパ!段ボールで秘密基地つくって!」 とお願いしてきました。

秘密基地といえるほど大きくはありませんでしたが、トンネルぐらいの箱をつくってあげると、息子は大喜びでした。

 

子どもたちはただ家にいるよりも、新しいおもちゃで遊んだり、遊園地に行ったりすることが楽しいかもしれません。

実際にそうだと思います。

しかし、いつもいつもそうするわけにもいきませんよね。

 

 この番組は、おもちゃを買わなくても、遠くにでかけなくても、楽しいことは見つけられることを思い出させてくれます。

子どもたちも、しまじろうが楽しそうに遊んでいると、嬉しそうにマネしたくなるから不思議です。

親のほうも、子どもたちが嬉しそうにマネしたがるのを見ると、がんばって期待に答えたくなるから不思議です笑。

日曜の夕方がとても楽しいものになりました。

 

ケントさんは、途中からお子さんより
夢中でダンボール工作をしそうですよね。

 ギクッ……!
そ、そんなことないよ!
ちょっと手伝っただけ!
ハハハハハ…(汗) 

いかがでしたか。

この番組を見れば、あなたもきっと、子どもたちが日常の中にどんな面白さやうれしさを発見するのか、見届けたくなると思います。

ぜひ見てみてくださいね。

 

 

読んでいただきありがとうございました。