brotherkent.com

"カッコよく生きるをあきらめない"30代パパブロガーが送るLIFESTYLEブログ

サッカー本田選手が紹介していた本を読んで-立ち上がれ日本人-

Hey、ブラザー!
こんにちは、ブラザーケントです。
今日は「立ち上がれ日本人」という本の紹介です。

タイトル見たけど、今日はサッカーの本かな?
ワーイ! 

あ、いや違……とにかく、早速紹介します! 

 

目次

 

本田圭佑選手のTwitterを見て

f:id:brotherkent:20180725113300j:plain

今年のサッカーW杯ロシア大会は皆さん記憶に新しいと思います。

直前の監督交代もありましたが、日本代表は西野監督の采配のもとベスト16まで進むことができました。

正直僕はサッカーはあまり詳しくありませんが、大健闘の結果だったと思います。選手スタッフのみなさん本当にお疲れ様でした!

そんな中、日本代表本田圭佑選手のTwitterで、試合前にこんなつぶやきをしていたそうです。

I really agreed with him and I appreciate it for what he said. 素晴らしい考え方。勉強になりました!

引用:本田圭佑選手Twitterより 

 

そしてその下には、92歳でマレーシア首相に返り咲いたマハティール・モハマド氏の著書「立ち上がれ日本人」という書籍を紹介する記事のリンクが貼られていました。

 

「立ち上がれ日本人」とは

f:id:brotherkent:20180725113551j:plain

「立ち上がれ日本人」は2003年に発売された新潮新書です。

大の親日家で、長年日本を手本にして政策を進めてきたマレーシアのマハティール・モハマド首相が、敬愛する日本人に向けたメッセージを本にしたものです。

マハティール・モハマド首相は、1983年から20年に渡りマレーシアの首相を務めた人ですが、なんと今年2018年に92歳にして首相に返り咲いた現役の首相なんです!

彼が15年前に書いたこの本を僕も読んでみたのですが、とても刺激的で示唆に富む内容でした。

 

30代は歴史や世界を広く深く学び直さなければいけない

f:id:brotherkent:20180725114635j:plain

この本の最大の特徴は、アジアの国の首相という日本人が必ずしも詳しくないが影響力が強く、かつ日本のことをよく知って尊敬してくれているマハティール・モハマド首相の視点そのものだと思います。

明治以降の日本の発展、中国のいままでとこれから、イスラム教という誤解されやすい宗教など、彼の視点から見た世界と日本の歴史や現在は、なかなか他では見られないものではないでしょうか。

読み終わって強く感じたのは、30代である僕は歴史や世界についてもう一度しっかり学び直さなければいけない、ということでした。

しっかりといっても一気に体系的にというわけにはいかないので、少しずつ継続的にだと思いますが、今までの自分の知識や認識を上書きすると同時に、もっと増やしていかなければいけないと感じました。

なぜかというと、僕が学校であるいは学校以外で知って勉強してきたことは、あまりにも偏っていて、あまりにも現代の状況にそぐわないと思ったからです。

 

次の記事で順に考えていきたいと思います。

つづきはこちらをご覧ください! 

www.brotherkent.com